経営力 × 仕組み × 人材育成 の3つの視点・アプローチで経営を変える



1.経営力 を視る ~5つの視点で会社の経営力を評価します~

「経営力」とは、"会社が成長する力"であり、会社の経営のレベルを示すモノです。
"現状の経営力"を評価することで、その会社の固有の特性や強み・弱みが明らかになります。
「経営力を高める」ということは、"条件の整備を進めること"と"個別項目のレベルを上げること"を指します。

 シーアークスは、5つの視点で評価し "経営力を発揮できているかどうか" を明らかにします

経営力をはかる5つの視点

事業力 市場性×競争力、価値創造力、顧客/市場の理解レベル
リーダーシップ トップのビジョン・戦略構築力、意思伝達力
運営システム 計画・業績管理、情報マネジメント、会社運営の仕組み
組織力・人材力 組織機能、人材レベル、学習力
財務力 財務安定性、収益力

2.仕組みを視る ~会社を強くする仕組みづくりをサポートします~

 仕組みとは、"成長する会社の自律経営を支え、マネジメントのレベルを高めるツール" を指します。
経営の質を高めようとするなら、仕組みが効率的・効果的に機能することを考える必要があります。
もし仕組みのバランスが崩れれば、それが原因で会社の推進力が低下することもあります。

 シーアークスは、"必要とされる仕組みが正しく運用されているか、バランスはどうか"をチェックし、会社の成果レベルを高める仕組みの構築をサポート します。

3.人材育成を視る ~会社の未来をつくるリーダー人材を育てます~

 経営者を支え、業績向上をリードする人材の存在は、必ずや会社を成長に導きます。 リーダー人材の育成に焦点を絞ることで、会社は変化する力を高めることができます。

シーアークスの人材育成の最大テーマは、「会社の進化・成長を引っ張るリーダー人材の育成」です。
リーダー人材の"ヒューマンスキル・リーダーシップ・問題解決力"を高めるプログラムでサポート します。


会社は各社各様の姿をしており、固有の課題を抱えています。問題のない会社は存在しません。
サポートにおいては、固有の課題・問題点への対応が求められると考えています。
まずはお気軽にご相談から。