スキルマスターはスキル定義・体系化~管理をサポートします

スキルアップを進める条件

以下に、社員のスキルアップをはかり、技能継承を進める条件を整理しました。

スキルごとの詳細・レベルを定義し、スキル群として体系化されている
スキルごとの保有者・分布が明らかであり、組織ごとで課題認識されている
スキルごとの目標人数の設定および習得の計画が策定されている
マニュアルなど、スキルごとの具体的な習得方法が定めらている
教える人(伝承者)の指導ツールが整備されている
教える人(伝承者)の時間の確保、協力体制がつくられている
教えられる人(継承者)に対し、現状認識をサポートし、スキルアップ目標を定めている
全体・個々のスキル習得状況が管理・更新され、状況をはかり対策が実施されている

個々のスキルアップをはかるには、スキルの定義・体系化、指導ステップ・ツールなどの条件整備と個々のスキルアップへの方向づけ(動機づけ) が重要なポイントです。

スキルマスター は、スキルを見える化し、スキル管理をサポートするツール/データベース です。

スキルマスターの機能と活用の流れ

スキルマスター は、以下のステップで活用していきます。

Step1. スキル情報をデータベース化する

Step2. スキル情報を活用する

Step3. マニュアル・手順書を作成する

スキルマスター は、スキル習得・技能継承の進捗をサポートします。ぜひご活用ください。

◆ 人材育成のご相談も承ります。
★ → 人材育成 相談/初回無料
★ → 経営サポートの提案~契約