経営サポートの提案~契約の流れ

経営サポートは、「訪問/面談~企画提案~ご契約~実施」が基本パターンとなります。


経営サポートの進め方の種類

 シーアークスの経営サポートは、テーマ・期間やお客様の予算に応じ「アドバイザー型」と「プロジェクト型」の2つの進め方があります。
ヒアリングをさせて頂いた上で最適なサポートの形態をはかり、ご提案いたします。

アドバイザー型  経営で抱える問題が多岐に渡り、問題点の抽出~解決策の立案まで一定の期間(半年以上)が必要と想定される場合、「アドバイザー型」でご契約しています。
月1〜2回程度訪問で、経営トップ・関連セクションとの面談にて問題点・課題の抽出・解決のための具体策検討・実行支援など、アドバイス・提案・改善を中心にサポートする形式です。
クライアント様とコミュニケーションを密に取りつつ、事業発展のための問題解決・課題解決を二人三脚で進めていきます。

※数値分析等の作業・関連施設への派遣対応などは別工数となります。
プロジェクト型  解決すべき問題点・取組テーマが明確であり、また短期間に改善していきたい場合は「プロジェクト型」でご契約しています。
プロジェクトチームを編成し、メンバー中心に主体的に課題解決を進め育成レベルアップをはかりたい場合など、この形式をとることが多いです。 弊社はプロジェクト運営のサポート役となり、アドバイス・ツール提供などにより、活動の推進・活性化を支え、プロジェクトの成果を協同で目指します。
例)4ヶ月程度の期間で集中的に課題解決をはかりたいケース
 期間内に月2~3日程度・訪問により、プロジェクトの立上げ~実行支援および進捗管理をサポート

※期間および料金は、プロジェクト・テーマの難易度で工数をはかり、ご提示いたします。


経営サポートの契約パターン

種 類
工 数/月
契約のポイント
S契約 期間契約
半日×3~4回/月
月3~4回の工数をかけて短期的に成果を目指す契約
A契約 期間契約
半日×2回/月
月2回程度の訪問による標準的な契約
B契約 期間契約
2H/月
月1回・訪問による基本的な契約
経営力アセスメント スポット契約
<訪問>
事前準備+1日
経営力アセスメント=パッケージプログラムの契約