経営サポート・ポリシー

企業への思い

「個性ある中堅・中小企業」は日本企業の強さの象徴です。
各社が価値を追求することで生まれた「日本発の、○○製品・○○サービス」といったモノは世の中に数多くあり、高水準な匠の技術、高品質な製品、きめ細かなサービス、などで支えられています。
伝統的に創意工夫に長け、新しいモノを生み出す力が非常に高く、それを受け継ぎ、研ぎ澄まし、強さに変えてきました。

しかしながら、いま環境変化の波により、中堅・中小企業の経営と存在価値が大きく揺るがされています。

<主な事象>
国内総需要縮小→企業の二極化・淘汰
都市部人口集中→地方人口減少と経済停滞→地方産業の地盤沈下
大手企業の海外・国内他エリアシフト+海外企業の台頭→競争環境の複雑化→コストダウンのための効率化・省人化→組織・人材の弱体化

日本全体が市場成熟期~衰退期へと突入しつつある現状で、変化を勝ち残るために「企業の存在価値の再定義」が求められています。

これから求められる企業像

これまで、コンサルティング・教育を通じて100社以上のクライアント企業の経営を見てきました。
そこから確信したことがあります。

~確固たる信念で『独自性を磨くことで新たな価値を創る』という明確な意思を持つ会社~

このような会社は、環境変化の逆境も乗り越え、必ずや勝ち残ることができます。

どの会社においても課題解決力の源泉を探れば、最大の資産である「組織と人」に辿り着きます。
「組織と人」の在り方やレベルは「経営の力の源」であり、会社が勝ち残るための生命線です。

~人がイキイキと自律的に働き、幾多の課題解決に前向きに取り組み、次々と新たなコトにチャレンジしていく、 それにより継続的な成果が生み出され、組織全体が活性化し、業績が上がっていく~

これは、すべての会社が思い描く「理想的な姿」と考えます。

もし、「組織と人」が最高のパフォーマンスで変化・創造を生み出し会社の成長・発展に貢献する状態=目指すべき姿となれば、、、
この姿を具現化するためのストーリーを描き、それが現実のモノになれば、、、
会社は本当に強くなっていくことでしょう。

その姿を目指していくなら、「組織と人」にあらためて着目し、

~新たな価値を生み出す力の源である「組織と人」のパワーを最大限に発揮させる~

「組織と人を活かす」という企業の原点に立ち返ることで、まだ開発されていない力=創造力の源を掘り起こし、磨き直す。

その条件を整えることに復活・再生のカギが必ずあります。

シーアークスの使命

<< 我が社がサポートしたいと考える企業 >>
主力商品・サービスにこだわりがあり、それを追求することで企業価値を高めたい
「社員は会社の資産」とし、能力を発揮できる環境を整え、イキイキと活躍してもらいたい
「組織と人」を経営の中心軸に置き、会社を継続させるための基盤を強くしたい

これを真剣に考えていきたい企業に対して、コンサルティング・人材育成を通じて貢献していきたいと考えています。

「組織と人が価値を生みだす力を磨き直すコンサルティング・人材育成サポート」

それがシーアークスの最大のテーマです。

そこに大きく焦点をあて「組織と人の活性化×企業価値の向上」のストーリーづくりと実現させるサポートを通じ、 環境変化を乗り越え“永続発展できる強い会社をつくること“を最大の使命と考えています。

学習・研究・実践で培った方法論をもとに
組織・人材開発の専門家として、『組織と人の変化・創造を支援するベストパートナー』を目指します。