プログラムのポイント

研修の目的

企業経営における「計数管理」「経営分析」の重要性と活用のポイントを理解し、数字意識と仕事への実践力を高める。

計数管理の全体像と基本的な考え方の理解
財務諸表(貸借対照表/損益計算書)の構造と着眼点の理解
経営分析のフレームワークと分析の観点の理解
ケース学習による実践で活かすポイントの理解

※「講義+実習+解説」を繰り返し、段階的な理解を進めます。

プログラム概要

対 象 リーダークラス、一般  ※「計数管理の基本知識」を理解する必要がある層
形 式 4H×2回  ※1日・形式とすることも可能です。
プログラム 第1回「計数管理の基本の理解」
計数管理の全体像の理解(講義)
 ①企業における計数管理の役割
 ②財務諸表(B/S、P/L)の見方
ケーススタディ「A社の財務諸表をみる」
管理会計の理解と活用(講義+実習)
 ①財務会計と管理会計の違い
 ②管理会計をもとにした経営(変動費・固定費/限界利益/損益分岐点)

第2回「経営分析の進め方と活用」
経営分析のポイント(講義+実習)
 ①経営分析の4つの着眼の理解(収益性・安全性・生産性・成長性)
 ②経営分析の重要指標と見方
 ③経営分析・実習
ケーススタディ「B社の経営分析」
 ①経営実績からみた経営分析まとめ
 ②演習の発表と解説