No.6 リーダーに求められる資質 ~部下が考える、リーダーになってほしい人~


どんな人にリーダーでいて欲しいか?
部下が考える・リーダーに求められる資質

について、部下の目線からということで、参考までまとめてみました。

● どんな人にリーダーでいて欲しいか?

1.適切な仕事の分配

部下一人ひとりの力量を把握し、ムダ・ムラ・ムリが無いように仕事を適切に配分する。
バランス感覚を働かせ、うまく部下が仕事できるように考える。


2.細かな気配り

①気づく力
 いろいろな事に小まめに気を配る。部下の様子にも気を配る。
 部下は、そのような上司の方が付いていきやすい。 
②公平なスタンス
 公平なスタンスは部下からの信用を勝ち取る。


3.全体を見渡す広い視野

①観察力 仕事の割り振りや進捗状況の把握ができる。
②広い視野  部下の状況と上の状況もしっかりと見ることができる。
③全体を把握する力 
 全体の動きを把握し、必要な箇所・タイミングでサポートできる。
④ビジョン・方向性を決める能力
 全体をみて進むべき方向を決める。
 先行きの可能性や仕事の最終到達点を見せる。


4.責任感・フォローする力

①重要な場面で責任をとる
 導くのもリーダー、責任をとるのもリーダーの役割だ、という認識がある。
②フォローアップ
 チーム力を高めるため、メンバーを育てるためにフォローする。
④決断力 
 重要な局面で責任を持って決め、行動できる実行力がある。


5.聞く力・指示する力

①聞く力がある(傾聴力)
 相手の言う事を良く聞き、指示や調整ができる。
②柔軟さがある 状況を柔軟に捉えることができる。
③的確な指示ができる 的確かつ分かりやすい指示ができる
④コミュニケーション力がある 
 グループ内の雰囲気づくり、他部署との折衝ができる。
 良好な関係づくりができる。
⑤動機づけする力 人をヤル気にすることができる。


6.教育する・成長させる力

①褒め上手+育て上手
 部下のモチベーションを上げる事ができる。
②長所を見抜く力
 人の短所にとらわれず、長所に目を向けることができる。
③部下の成長をサポートできる
 部下を成長させ、チームを強くする。


7.牽引力

①リーダーシップ・統率力
 先を示し、メンバーを引っ張ることができる。
 自らが引っ張っていくという姿勢がある
②チームを盛り上げる力
 チームでやっていこうという雰囲気にする。
③交渉力・調整力
 上長・他部署との交渉・調整をはかり、ミッション推進上の障害を取り除く


8.人間的な魅力

①求心力 人の意を集めることができる。
②信頼性 信頼できる=人は着いていく。
③人格者であること
「この人と働きたい」と思わせる人望がある。
④周りから慕われる+上から信頼される
 両方とも兼ね備えていることがベスト。
⑤カリスマ性
 その人に魅力があれば、人はついて行きたくなる

● 部下が考える、リーダーに求められる資質

部下が考える、リーダーに求められる資質とは?

どんな人にリーダーでいて欲しいか?

部下の視点から意見の全体をまとめると、
リーダーに求められる最も重要な力は、

「仕事を人に上手に割り振る能力」

と言えるようです。

どんな部下にも、得意・不得意なことがあります。

部下から見て、リーダーが単純に平等・均等の量の仕事を部下に分配しているだけのように映ると、その存在価値は無いようです。

大事なのは、部下の長所や適性をよく見抜き、適材適所で仕事を割り振る能力です。組織内の調整力がリーダーに求められています。

ここを実際にやるには、

①部下一人ひとりの状況を捉え、細かく調整・気配りする視点
②全体を大きく捉え、先を見据える視点

が求められます。

まとめていくと、

「リーダーには、部下への思いやりと優しさを忘れず、先行きを見据えて皆に指針を示し、ドッシリと構えている器の大きさが欲しい」

「リーダーの方向性がブレていなければ、迷わずついていける」

というのが、部下の本音の意見としてほぼ一致しているようです。

リーダー本人の持つ資質は重要です。

それに加えて、

周りから認められる、特に部下から支持される

というのも大事なことです。

シーアークスHP